大江 麻里子 先生

とびひとは?原因や主な症状、予防・治療方法について

監修
医療法人 豊和会
村橋医院
大江 麻里子 先生

とびひは俗称で、正式な病名は『伝染性膿痂疹』といいます。
ブドウ球菌などの細菌が皮膚に感染することで発症し、皮膚の表面にある表皮で繁殖します。
感染力が強いため、火事の『飛び火』のように急激に他の部位に症状が広がることからとびひと呼ばれています。

とびひの原因

虫刺されやあせも、湿疹などの痒みによる掻き壊し、怪我などでできた皮膚の傷、アトピー性皮膚炎で皮膚のバリア機能が低下するなどして、そこから細菌が侵入し繁殖することによって発症します。
原因菌は、主に黄色ブドウ球菌とA群β溶血性連鎖球菌です。

とびひの症状

とびひには水疱性膿痂疹と痂皮性膿痂疹の2種類があります。
①水疱性膿痂疹:皮膚にできた水ぶくれが数日で大きくなり、簡単に破れてただれるようになります。強い痒みを伴うため掻いた手で他の部位を触ることにより体のあちこちに広がります。原因菌は黄色ブドウ球菌で、多くのとびひがこのタイプです。季節は主に夏で、年齢は乳幼児に多いです。

 

②痂皮性膿痂疹:赤い腫れから痛みを伴った膿を持つ水ぶくれ(膿疱)になり、その後厚いかさぶたになります。炎症が強いため、皮膚の症状だけでなくリンパ節が腫れたり、発熱や頭痛、喉の痛みを伴うこともあります。原因菌は主にA群β溶血性連鎖球菌ですが、黄色ブドウ球菌との混合感染もよくみられます。季節に関係なく1年中見られ、年齢は幼児だけでなく成人にも見られます。

とびひを防ぐために

とびひを予防するためには、まずは皮膚や手指を清潔に保ち、皮膚を傷つけたりむやみに触らないことが大切です。
虫刺されやあせも、湿疹など痒みの出る皮膚症状が出た時は、お子さんはなかなか掻くことを我慢することができないので症状が悪化する前に早めに皮膚科に受診することをお勧めします。
爪も短く切りましょう。爪が長いと皮膚を傷つけやすく、また爪の中に細菌が繁殖しやすいなどリスクが多いからです。

とびひの治療

まずは原因となる細菌を抑える治療をします。症状の強さによって抗菌薬の飲み薬、塗り薬を使います。また痒みが強い時は、かゆみを抑える治療も一緒に行います。飲み薬は抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、塗り薬は亜鉛華軟膏や時にはステロイド外用剤を使うこともあります。

 

とびひになった時に気をつけたいこと

皮膚を清潔に保つことが大事です。発熱などなければ毎日シャワーを浴びましょう。石鹸はよく泡立てて患部を優しく丁寧にこすらないように洗った後、しっかり洗い流しましょう。
シャワー後に、病院から処方された薬を患部に塗りますが、アトピー性皮膚炎や乾燥肌の人は、もともとバリア機能が低下していて細菌が入り込みやすく感染拡大リスクが高いので、患部以外の皮膚はしっかり保湿クリームなどで保湿しましょう。
使用済みのタオルや衣類を介して感染することもあるので、家族で共有するのはやめましょう。しかし洗濯は一緒で構いません。
とびひは、『学校感染症第三種(その他の感染症)』に定められているため、出席停止が義務付けられた病気ではありませんが、登園登校については、とびひの状態などによって医師、園や学校の先生とよく相談して判断する必要があります。登園登校する場合は、患部を清潔なガーゼや包帯でしっかり覆い、他の人と接触しないようにしましょう。小さなバンドエイドなどは返ってテープの部分に広がることもあるので使用は避けましょう。
症状がある間はプールに入ることは控えましょう。プールの水を介してうつることはありませんが、症状が悪化したり体が接触することで他の人にうつるリスクがあります。

スキンケア講座

赤ちゃんの肌

スキンケア講座

赤ちゃんの肌