アトピー肌・乾燥肌・敏感肌atopic

藤本智子先生

汗での肌トラブル「あせも」はどう対策したらいい?

監修
池袋西口ふくろう皮膚科クリニック
藤本智子 先生

夏がやってきました。近年は温暖化もあり、冬が終わり桜の開花があっという間に過ぎたあとには、初夏ともいえるような気温の日もありますね。今回は汗と、それに関係した肌トラブルのおハナシになります。

汗は、体温調節をすることがその主な役割であり、汗を作るエクリン汗腺は、頭のてっぺんから足先まで全身に分布しています。エクリン汗腺は、自律神経からくる指令を受け取って、体温を下げるために必要な汗を作ります。そのため自律神経が十分発達していない赤ちゃんは部屋の温度や湿度を調整してあげたり、脱ぎ着しやすい衣類で体温調節を助けてあげる必要があります。さらに付け加えますと、生まれた時にはすでに大人と同じ数のエクリン汗腺が存在しますので、子供時代の汗腺は、大人と比べて非常に高密度であり、当然トラブルも多くなります。

汗をかくことで起こりやすいトラブルの第1位は、「あせも=汗疹(かんしん)」です。


これは、汗が通る管の閉塞により汗が貯留して汗管の外に漏れ出るために発症する状態で、その深さによって3種類に分けられます。浅いほうから触れていきましょう。

あせも(汗疹)の種類

水晶様汗疹は角層という皮膚の一番外側が閉塞して汗がたまるもので、ほとんど炎症が起こらないまま数日で消退します。自身では気が付くことはなく、筆者も生まれたばかりの赤ん坊の背中に、きらきら光るが容易に拭きとれない水滴のようなこの汗疹を見たことがある程度で、遭遇する頻度は少ないでしょう。

紅色汗疹は、我々が一般的に考える“あせも”で、表皮中の汗管から汗が漏れ出ることで、周囲に強い痒みや炎症を起こします。汗が溜まりやすい関節の内側や首まわり、体などに多いのですが、症状がひどい場合は、掻きむしって細菌感染を合併することで“とびひ”を引き起こしてしまうことがあります。症状が悪化する場合には、かかりつけの皮膚科を受診すると、ステロイド外用薬や痒み止めの抗ヒスタミン薬、場合によっては抗生物質の処方が行われる場合があります。皮膚科に来院する患者さんはほとんどがこの汗疹となります。

深在性汗疹は、通常熱帯地方にみられる紅色汗疹の重症型です。広範囲にぶつぶつとした丘疹が多発し、真皮での汗管の閉塞のために、発汗が止まってしまい、熱中症を起こしやすい状態とされます。ふつうはあまり遭遇しない状態の“あせも”でしょう。

我々が普段からできる“あせも”対策としては、汗をかいたらこまめに拭くこと、シャワーで洗い流すこと、汗を吸い取って素早く逃がしてくれるような素材やデザインの衣類や寝具を選ぶことなどで調節することがお勧めです。症状が軽い場合には、入浴したあとに保湿剤や市販のかゆみ止めを使用し軽快する場合もあります。数日経過をみて悪化する場合には近医へ受診をしてください。

またあせも以外にも汗と関連する症状の一つに、アトピー性皮膚炎のかゆみがあげられます。アトピー性皮膚炎など湿疹が長期間続く人は汗をかくときに痒みを伴うために、普段から無意識のうちに汗をあまりかかないように避けている方が多い傾向にあります。湿疹が長期間続いている人は皮膚の中で汗管も壊れているために、汗が皮膚の中で漏れて痒くなってしまうことがあることが近年わかってきています。皮膚科で処方された湿疹の外用薬で皮膚症状をコントロールしながら、発汗することを少しずつ増やしていくと湿疹も痒みも改善することがありますので、できる範囲で発汗機能を高めていくことをお勧めします。

最後になりますが、適切に発汗ができることは自律神経のバランスを簡便に測るバロメーターでもあります。発汗機能というものは筋トレと同様で、大人になってからも日頃から訓練をしていないと衰えてしまいます。近年、空調が効いた室内で過ごすことができるため、発汗の準備が十分に訓練できていない初夏などは、熱中症を発症する人が増加します。汗は悪者ではなく、必要不可欠なものとして、日頃から発汗トレーニング(じわっと汗がかける程度の適度な運動や入浴など)を日々の生活で取り入れることで、いい汗のかき方ができるようになりますので、ぜひ行っていただきたいと思います。

スキンケア講座

赤ちゃんの肌

スキンケア講座

赤ちゃんの肌