フケ対策シャンプーの選び方とおすすめシャンプーをご紹介

フケ対策シャンプーの選び方とおすすめシャンプーをご紹介

毎日シャンプーをして清潔にしているつもりなのに、一度出始めるとなかなか治まらない「フケ」。
ぽろぽろと頭皮がはがれて肩に落ちてくるので首回りや肩で目立ってしまい、周囲からは不潔に見えてしまうのではないかと気になります。
さらにそんな時には、何となく頭もムズムズとかゆみを感じることもよくあることで、ひっかくとさらに生え際にフケが浮かんできてしまい、悩ましいと感じる方も多いようです。

なかなか人にも相談しづらいフケやかゆみのお悩みですが、対策としてはフケ対策シャンプーを使った毎日のホームケアがおすすめです。

今回は、「フケ」の基礎知識とフケ対策シャンプーを選ぶ際にチェックしたいポイントや、おすすめのシャンプーなどについて解説します。

フケは頭皮のターンオーバーの乱れによって発生

そもそもフケとは、頭皮のターンオーバーの乱れによって生じる大きめの垢のようなものを指します。
ターンオーバーとは、古い皮膚から新しい皮膚へと細胞が生まれ変わる新陳代謝のサイクルのことで、健康な頭皮も当然ターンオーバーを繰り返し、古い頭皮は剥がれ落ちていきます。しかし健康な頭皮のターンオーバーでは、古い頭皮はほとんど気にならない大きさで自然に剥がれ落ちていき、いわゆるフケのように目立つことはありません。

しかし頭皮に炎症が発生すると、炎症がおきた部位の皮膚を速やかに排出しようと、ターンオーバーが促進されます。(なお、炎症がおきる原因には偏った食生活や睡眠不足、免疫力の低下、シャンプーのすすぎ残し、染毛剤などでの刺激、不適切な洗髪方法、頭皮常在菌の影響など、様々なものが考えられます。)

炎症によってターンオーバーが促進された結果、目に見えるサイズで古い頭皮がまとめて剥がれ落ち、フケが目立つ状態になります。
この状態がいわゆる「フケ症」です。
さらに炎症はかゆみも伴いますので、炎症の原因が取り除かれない場合には、かゆみとフケの併発もみられます。

次に、フケのタイプ別にその特徴と原因について解説します。

フケには原因ごとに種類がある?自分のフケを確認しよう

フケには原因ごとに種類がある?自分のフケを確認しよう

フケを防ぐためには、頭皮の炎症をひき起こしターンオーバーを促進させている「原因」を考え、取り除いていくことが大切です。
「原因」は非常に多くの可能性があるため、まずはよくあるといわれるフケの原因についてご紹介します。
ご自身の頭皮の状態や生活習慣からフケの原因を考えてみましょう。

ベタベタした頭皮で発生するフケ

まずは、ベタベタした頭皮で発生するフケについてご説明します。
ベタベタした頭皮のフケは「脂性フケ」などといわれることもあります。

頭皮の皮脂分泌が多く、頭皮がベタベタしているような方の場合、誰の頭皮にもいるカビ(真菌)の過剰な増殖が原因の一つになると考えられます。
実は、頭皮には私たちの皮脂を栄養源にして生きているカビが常在しており、通常は人に害を及ぼすことはありません。
ところが、体質の変化や、食生活の乱れ、免疫力の低下などによって頭皮にカビが過剰に増殖すると、カビが栄養にした後の皮脂の分解物や、カビそのものが頭皮にとって刺激となり、炎症をひき起こします。
その結果、ターンオーバーが乱れて頭皮のかゆみやフケが発生する傾向があります。
なお、このような頭皮の皮脂分泌が多い方に見られるタイプのフケは男性に多いといわれることもありますが、頭皮は性別に関わらず皮脂分泌が多い部位のため、男女を問わず発生します。

このような、皮脂を栄養源にするカビが原因となって発生するフケを防ぐには、カビの過剰な増殖について対策を考える必要があります。カビ(真菌)の増殖を防ぐには2つのポイントがあります。

ポイント1:シャンプーの見直し
抗カビ(抗真菌)成分を配合したシャンプーを使うことで、カビの増殖を抑え、フケを防ぐことができます。

ポイント2:生活習慣の見直し
脂肪分を控えた栄養バランスの良い食事をとる、飲酒を控える、ストレスをためない、適度な運動を行うなど、カビの過剰な増殖をひき起こさない健康的な生活が推奨されています。

上記の通り、シャンプーや生活習慣を見直してみるとよいでしょう。

乾燥した頭皮のパラパラした細かいフケ

続いて、乾燥した頭皮のフケについてご説明します。
洗浄力が強すぎるシャンプーや、洗いすぎなどにより、乾燥によってパラパラした細かいフケが発生することがあります。
このようなフケは「乾性フケ」などと呼ばれることもあります。
乾燥によって細かいフケがでる場合には、シャンプーを洗浄力のマイルドなものに変えたり、洗髪頻度を減らしたりするなど、皮脂を過剰に落としすぎないように工夫することが大切です。
頭皮には毛髪と共に大きく発達した脂腺が存在しているため、頭皮は基本的に顔のTゾーン(額から鼻筋にかけて皮脂分泌が多い部位)のように皮脂分泌が多く、乾燥しにくい部位といえます。
そのため、乾燥が原因と思われる細かいフケが発生した場合には、過剰な洗浄に気をつけて様子を見てみることをおすすめします。

その他のフケ

上記以外にも、頭皮へのさまざまな刺激による炎症がフケの原因になると考えられます。
たとえば、シャンプーやコンディショナーなどのすすぎ残しや、合わないヘアケア・染毛剤によるかぶれ、または爪を立ててゴシゴシと洗うシャンプー方法、強めの頭皮マッサージやブラッシングなどに伴う機械的刺激にも注意が必要です。
さらにフケには皮膚疾患が関わることもあります。なかなか良くならない、または重度な症状を伴う場合には、皮膚科専門医を受診するようにしましょう。

フケ対策シャンプーの選び方

継続的にフケが発生している頭皮は、何かしらの原因によって頭皮に炎症がおき、頭皮のターンオーバーが乱れている状況です。このような状態の頭皮は、皮膚のバリア機能も低下しているので、外からの刺激に対してとてもデリケートな状態です。
フケを防ぐための有効成分が配合された、低刺激性のシャンプーを選ぶようにしましょう。
シャンプー選びのチェックポイントについても詳しくみていきましょう。

抗カビ(抗真菌)成分が含まれているか

フケ対策シャンプーには、抗菌成分や抗カビ(抗真菌)成分が配合されたものもあります。
特にフケ原因の一つである「カビ(真菌)」に着目した抗カビ成分配合のシャンプーなら、カビが原因となるフケを効果的に防ぐことができます。
さらに乾燥肌であっても、頭皮は顔のTゾーンと同じように発達した皮脂腺が多数分布しており、皮脂分泌が思ったよりも多いこともあります。そのため、手脚や顔の乾燥に悩んでいる方でも、皮脂を好むカビの増殖がフケの原因となっていることも考えられます。

フケに悩んだ時は、まずは抗カビ成分が含まれたシャンプーのご使用をおすすめします。製品パッケージを調べ、ミコナゾール硝酸塩などの有効成分が配合されたシャンプーを選ぶと良いでしょう。

自分の頭皮の状態にあっているか

自分の頭皮の状態に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう。
たとえば、もともと皮脂が多く、オイリーな肌質の方であれば、余分な皮脂をさっぱり落としてくれるタイプのシャンプーを、逆に皮脂が少なめで、乾燥しやすい肌質の方であれば、皮脂をほどよく残し、うるおいを補ってくれるタイプのシャンプーを選ぶなど、フケが発生するベースとなる頭皮環境の改善が期待できるシャンプーを選びましょう。

毎日、きちんと洗髪しているのに、頭皮のトラブルが絶えないという場合、使っているシャンプーそのものがトラブルの原因になっていることも考えられるため、日常使いするシャンプーを見直してみることをおすすめします。

低刺激性で適度な洗浄力か

低刺激性で、適度な洗浄力のシャンプーを選ぶようにしましょう。
フケやかゆみなどのトラブルを抱えている頭皮は、健康な頭皮に比べ、皮膚のバリア機能も低下しているため、外的刺激に対してとても敏感になっています。余分な皮脂を洗浄し、清潔に保つことはもちろん大切ですが、洗浄力が強すぎるとその刺激によってかえって状態が悪化してしまいます。
適度な洗浄力があり、頭皮の負担を軽減できる低刺激性のシャンプーを選びましょう。

おすすめのフケ対策シャンプー

フケの悩みを解消するためには、抗カビ成分配合・適度な洗浄力・低刺激性などの特徴を兼ね備えたフケ対策シャンプーがおすすめです。ここでは、特におすすめのフケ対策シャンプーを3つご紹介します。

コラージュフルフルネクストシャンプー
(うるおいなめらかタイプ)

コラージュリペアソープ
商品名:
コラージュフルフルシャンプーNSa
分類:
医薬部外品
内容量:
200mL
メーカー希望小売価格:
1,760円(税込)
他に400mLポンプタイプ、つめかえ用のラインナップがあります。
効果効能:
フケ・かゆみを防ぐ、毛髪・頭皮を清浄にする、毛髪・頭皮をすこやかに保つ、毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ。

皮膚科学に基づいたヘアケア製品を展開しているコラージュフルフルシリーズの薬用頭皮ケアシャンプーです。フケ、かゆみ、においが気になる方のために、抗カビ(抗真菌)成分「ミコナゾール硝酸塩」と抗酸化・抗菌成分「オクトピロックス®※」の2つの有効成分を配合しています。
普通のシャンプーと同じように洗って流すだけで、頭皮のフケやかゆみを防いでくれます。
頭皮が乾燥しがちな方や、指通りなめらかな洗い上がりを好む方におすすめのシャンプーです。
リンスやコンディショナーを使用される方には、同様に抗カビ成分を配合のコラージュフルフルネクストリンスの使用を推奨します。

※オクトピロックス®(ピロクトンオラミン)はクラリアント社の登録商標です。

公式オンラインショップで探す

コラージュフルフルネクストシャンプー
(すっきりさらさらタイプ)

コラージュリペアソープ
商品名:
コラージュフルフルシャンプーN
分類:
医薬部外品
内容量:
200mL
メーカー希望小売価格:
1,760円(税込)
他に400mLポンプタイプ、つめかえ用のラインナップがあります。
効果効能:
フケ・かゆみを防ぐ。毛髪・頭皮を清浄にする。毛髪・頭皮をすこやかに保つ。毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ。

コラージュフルフルネクストシャンプーシリーズのすっきりさらさらタイプです。
非常にさっぱりとした使用感のシャンプーで、敏感肌の方や、さらさらした洗い上がりを好む方や、頭皮が脂っぽい方におすすめです。
うるおいなめらかタイプと同様に、フケ、かゆみ、においが気になる方のために、抗真菌(抗カビ)成分「ミコナゾール硝酸塩」と抗酸化・抗菌成分「オクトピロックス®※」の2つの有効成分をダブルで配合し、普通のシャンプーと同じように洗って流すだけで、頭皮のフケやかゆみを防いでくれます。

※オクトピロックス®(ピロクトンオラミン)はクラリアント社の登録商標です。

公式オンラインショップで探す

コラージュシャンプーS

コラージュリペアソープ
分類:
化粧品
内容量:
200mL
メーカー希望小売価格:
1,650円(税込)

きめ細やかな泡が汚れを優しく洗い落とす、低刺激性の透明なジェルタイプのシャンプーです。すすぎ落ちがよいので、髪や地肌に負担を与えにくく、髪の自然な艶としなやかさを保ちます。
フケに対する有効成分は配合されていませんが、非常にシンプルな成分で構成されており、シャンプー成分そのものにより刺激を感じる敏感肌の方におすすめです。
保湿成分を含みませんので、シリーズの「コラージュリンスS」との併用をおすすめします。

公式オンラインショップで探す

まとめ

フケに悩む方の頭皮は、カビ(真菌)や刺激などよって炎症がおき、頭皮環境が乱れて、外部の刺激に対してデリケートな状態に陥っていることがわかりました。

また、フケは頭皮のカビの増殖が関係しているケースも少なくないため、抗カビ(抗真菌)成分を配合したシャンプーによるケアをおすすめします。自分の頭皮の状態に合ったシャンプーでしっかりとケアをして、すこやかな頭皮環境を目指しましょう。

関連記事

ヘアケアの記事一覧へ戻る
スキンケア基礎知識

フェイスケア

スキンケア基礎知識

フェイスケア