スキンケア講座
医療関係者からのアドバイスSkincare

紫外線トラブル・シミ・エイジング

※ご所属先、肩書きは、ご監修、ご執筆当時のものとなります。

  • 敏感肌の紫外線対策

    ひふのクリニック人形町 院長
    慈恵医大客員教授
    上出 良一 先生
    上出 良一 先生
    紫外線は体にとって良い面と悪い面を併せもっていますが、圧倒的に悪い面の方が多いと考えられます。まず、良い面としてはビタミンDの生合成があります。
  • 光老化

    近畿大学医学部 皮膚科学教室
    准教授 大磯 直毅 先生
    帆足 俊彦 先生
    私たちは健康でみずみずしい肌を維持したいと望みます。とくに顔など露光部の肌が気になります。しかし、年を重ねると,肌の張りが徐々に失われます。肌の老化には、加齢による老化と、日光の紫外線による光老化があります。日光にさらされる肌の老化は、およそ80%が紫外線によるとされます。健康で美しい肌を維持するため、日光のあたる部位の紫外線対策が重要です。
  • どうしてしみはできるのでしょうか?

    聖マリアンナ医科大学 皮膚科学教室
    准教授 門野 岳史 先生
    門野 岳史  先生
    しみは嫌ですよね。私も年を重ねるにつれて段々増えてきました。年をとるとしみができやすくなるのは仕方ないといえば仕方ないですが、それでは具体的にしみとは一体何なのでしょうか?そしてしみはどうしてできるのでしょうか?
  • シワはなぜできる?

    順天堂大学医学部 皮膚科
    先任准教授 長谷川 敏男 先生
    長谷川 敏男  先生
    人それぞれのお肌の悩みの中でも、シワはシミと並んで主要な悩みのひとつではないでしょうか。そもそもシワとは何なのか?その定義は「加齢に伴い後天的に生じた皮膚の変形」ということができます。皮膚は、表面から角層(角質層)、表皮、真皮、そして皮下組織(主に皮下脂肪)から構成されています。ヤケドなどで水疱を生じるのが、