医療関係者からのアドバイスAdvice

第3回

冬のお肌とバスタイムのスキンケア

須賀  康  先生
順天堂大学医学部附属浦安病院 皮膚科学教室
教授
須賀 康 先生

 寒い季節,皆様いかがお過ごしでしょうか。この時期,皮膚科の外来には皮膚が乾燥してかゆいという患者さんが多くみえています。多くは皮膚乾燥症,皮脂欠乏症などによる症状であり,冬季の気温,湿度の低下により,体の表面を覆う皮脂や,角質層の天然保湿因子や角層細胞間脂質と呼ばれる潤い因子の量が低下して,肌に水分が十分に保持できなくなることが原因です。

 これらの潤い因子は,年齢が上がるとともに減少しますので,年をとると特に乾燥しやすくなる訳です。乾燥による皮膚病の発生を予防するためにもバスタイムには十分注意をしましょう。すなわち,入浴中は潤い因子の過剰な流出を防ぐために適度な湯温でゆっくりと温まるようにして,石けんやシャンプーも低刺激性のものを選ぶようにします。洗う時も目が粗く,硬いナイロンタオルのようなものは避けて,なで洗いする位がちょうどよいでしょう。

 お風呂から上がってきたら,自然乾燥しないうちに手早くタオルで水分を拭き取り,お気に入りの保湿剤を使ってスキンケアをおこないます。乾燥が強い季節には,あらかじめ下地として保湿ローションや乳液を使用して肌を潤わせて,さらにその上からフタをするようにクリームやワセリンを外用すると,角質層内部に水分を閉じ込めておくことができます。

 これらに十分注意しても,かゆみが止まらない場合,または入浴後にかゆみとともに赤いミミズ腫れも一緒に出るような場合は,湿疹・皮膚炎や蕁麻疹を合併している可能性があります。治療には外用薬,内服薬を必要とする症状ですので,慢性化する前にお近くの専門医へのご相談をお勧めします。

スキンケア講座
スキンケア講座